FAQ

~よくあるご質問~

Q. マニュアル作成のよくあるご質問見積りを依頼するのに、何が必要ですか?
A. 制作予定の原稿(テキストデータ)およびイラスト作成に必要な図面(CADデータ)などを差し支えない範囲でご提供頂けると、概略で見積りできます。また文字(Word)数、ページ数および既存の類似マニュアルをご提供して頂けると、より正確に見積りできます。
原稿や必要な資料等がない場合は、設計仕様書または企画書などでも構いません。
Q. マニュアルを改善したいのですが、相談してもいいですか?
A. もちろん、ご相談ください。
既存マニュアルをベースに、より品質アップするために何を改善すべきかをご提案させて頂きます。マニュアルの作り方によっては、お客様内部で改善できる場合もあり、完全に作り直した方が良い場合もありますので、ご予算や納期に対応できる対策案を提案させて頂きます。
Q. 原稿作成だけ、イラスト作成だけ、翻訳だけ、ライティングだけ、DTPだけの依頼でもいいですか?
A. 全く問題ありません。
どんな小さなお仕事でもご依頼ください。イラスト作成 1カットだけでも喜んでお受け致します。
Q. マニュアル制作にかかる期間は?
A. 制作内容(ページ数、イラスト点数、翻訳言語数など)によって制作期間が変わってきます。一概に具体的な制作期間を断定できませんので、基本的にはお客様から制作内容情報および希望納期をお聞きして、可能な限りご希望に沿う日程をご提案いたします。
Q. マニュアルの校正作業や文章表記のチェックだけ依頼してもいいですか?
A. 全く問題ありません。マニュアル校正に関しては、お客様で決められている記載基準に合わせ校正いたします。また、多言語マニュアルでは、英語を基準としてその他言語の突合せチェックも行います。日本語マニュアルでは、用語の統一やマニュアルに適切な表現なども校正いたします。
Q. 提供できる資料がなくサンプル品だけでマニュアル制作できますか?
A. 原稿、仕様書などの提供資料が無くても、サンプル品(ある程度動作可能なもの)からマニュアルを制作できます。この場合、大枠の骨子マニュアルを作成させて頂き、お客様(設計者の方)に内容を確認してもらいながら詳細を詰めていく形となります。
Q. イラスト作成を依頼するとき、何を用意したらいいですか?
A. イラスト作成の場合、CADデータ(DXF、AIなど)、画像(JPG)、現物品などの形状が明確にわかる資料をご提供ください。
Q. 日本語マニュアルから海外向けマニュアルの制作を依頼できますか?
A. 問題なく制作できます。弊社では技術翻訳のご依頼も対応しておりますので、翻訳作業から多言語展開までお受けできます。多言語編集では、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、スェーデン語、デンマーク語、中国語(繁体/簡体)、ハングル語、ロシア語などに対応しております。
Q. 社内制作で編集データを作ったのですが、印刷会社とのやり取りをサポートしてくれますか?
A. もちろん、ご相談ください。弊社では印刷納品まで対応しておりますので、印刷会社とのやり取りおよび入稿データ作成のサポートをすることができます。
また、お客様のご予算に合う印刷でしたら弊社でも印刷を承ります。
Q. サービスマニュアルの制作を依頼できますか?
A. 問題なく制作できます。弊社では、サービスマニュアル制作の実績も多くありますので、お客様からご提供いただく資料およびデータから制作することができます。回路図、基板実体図、分解図、ブロック図、結線図などの単体だけを作成することも可能です。
Q. 製品の受け渡しが難しく、出張取材はできますか?
A. 問題なく出張取材致します。システム機器や工業機器などのように匡体が大きく受け渡しが難しい場合は弊社スタッフがお客様のご都合に合わせ取材訪問させて頂きます。お気軽にご相談ください。
Q. 制作では、どのような編集アプリケーションを使っていますか?
A. 制作で使用するアプリケーションは、InDesign、Illustrator、Photoshop、Quark Xpress をメインとしています。その他アプリケーションのご指定がありましたら、ご相談ください。
Q. 制作では、どのようなフォントを使っていますか?
A. 制作で使用しているフォントはOpentypeフォントをメインで使用しています。和文フォントではモリサワフォントを使用しています。お客様のご指定フォントがございましたら、ご相談ください。
Q. 料金設定はどのようになっていますか?
A. 基本的には、ご依頼の制作内容(分量、難易度、緊急性など)によって料金は変わりますので、一度 資料提供によるお見積りをご依頼頂けると助かります。ただ事前に料金設定(単価やカウント方法など)をご確認されたい場合は、お問い合わせください。
Q. 機密保持に関する取り組みは?
A.  マニュアル制作という分野(工程)は、お客様の開発モデル(製品)が市場に出回る前の機密工程だと認識しております。よって弊社では正式依頼を頂くと同時に機密保持契約を締結させて頂いております。
お客様から提供して頂く資料やデータは外部に漏れないよう慎重に扱わせて頂きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加